【解説-海軍-水上-現用】艦船のステルス化

艦船のステルス化

船がレーダーに写らなくなるのか?

 
まず、副題の疑問に答えると、「そうではない」と言うのが一般的な回答である。
艦船のような巨大な構造物を完全にレーダーから隠すのは現在の技術では不可能に近く、
航空機でなされているような徹底したステルス形状に突き詰めることはまだ出来ていない。
 
では、最近の艦船で盛んに行われるステルス化は何のために行われているのであろうか?
 
もともと、ステルス化とはレーダーに写るスクリーン上の船体の大きさを小さくすることであるから、
現在の最高の技術をもってしても、レーダー波を全く反射しない兵器はない。
 
そして、航空機の場合、以前の航空機に比べ何千分の1以上にレーダー投影面積を小さくすることができたので、
「レーダーに写らない」結果になった。
 
ところが、艦船の場合、そこまで劇的なステルス化効果はない。
即ち、「見えにくい」と言うレベルなのだ。
 
それなら、ステルス化する利点は無いのかというとそうではない。
これまでに比べ相対的に何分の1かのレーダー投影面積をにすると、生存性が増すのである。
 
艦船の最大の敵は対艦ミサイルであり、これらはレーダーで誘導される。
艦船はこれまで、ミサイルへの直接の攻撃(CIWSなど)と欺瞞妨害(ECM・チャフなど)でミサイルに対処してきた。
現在もこれに変わりはなく(ステルス化だけでは十分でない証拠)、ステルス化効果はこれらと組み合わせることでより効果的になるのである。
 
Visby

コメントを残す

コメントを投稿するには、以下のいずれかでログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中