【戦略-北朝鮮】北朝鮮の戦略ミサイル基地への攻撃

【戦略-北朝鮮】北朝鮮の戦略ミサイル基地への攻撃

ホットなネタに挑戦である。
 
数日前に北朝鮮は人工衛星の打ち上げとして、弾道ロケットを発射した。
これに関して日本(政府だけ?)はあれやこれやと騒動した。結局なんらこじれることなく推移してひとまず落ち着いたようだ。
 
この北朝鮮の弾道ロケット(弾道ミサイルも同じ)の脅威に関して、予防的に基地を先制攻撃すべきとの議論があるようだ。
中には、「ひとの顔を土足でまたぐな もう一つの敵基地攻撃論」(産経新聞)のようにバカが煽り立てるような記事を書く記者もいる。
この記者は余り知識も無く、現実的な考察も行っていないので何の参考にはならないが、民主党の国会議員の前原誠司が案外まともな論議をかつてしていた。
冷静で政治的な損得も考えた議論で、基本的な趣旨はこれで十分だろう。
それにしても、国会議員より記者の方がアホなのはどういうこと、これだからまともなインタビューもできないんだな困った
 
さて、軍事的側面から少し考察すると、自衛隊に北朝鮮の基地を攻撃する能力はない。
また、それが出来る能力を整備するには、米国の了解が必要である。
情報収集能力(どこをどのタイミングで攻撃するか)、攻撃支援プラットフォーム(GPS衛星など)の点で米国から完全に独立した攻撃能力を整備することは難しいからだ。
政治的にも、近隣のロシア・中国がこれらの軍事力整備に反対することは確実なので、米国だけでも味方につけないと、能力を持っても使えるタイミングがない。
 
そして、もし、今回の発射においてこれらの問題を解決して、その能力を有していた場合、それを行使すべきだったか?
それは否である。
なぜなら、今回は北朝鮮が先に言及したように、「人工衛星」としてのロケットで、予告してからの発射であり、ほとんど日本への攻撃可能性は無かったからだ。
これに関しても米国からの情報によるものだろうが、このロケット基地以外でも軍事行動が無く、ロケットも1発だけなら、まともな軍事攻撃は出来ないからだ。
そもそも弾道ミサイルなんて軍事的にはそれほどの脅威ではないので、ここまで攻撃意思がなく、小規模なら、人的犠牲もあり、相手に口実を与える先制攻撃は価値がないだろう。
もし、これを行うなら、核爆発実験を行った直後に行うべきだろう。今回はそれほどのインパクトは無い。
 
弾道ミサイル防衛も同じだが、現在の日本で、先制攻撃能力の整備をそれほど急ぐ必要は無い。それよりも、原子力潜水艦と戦略機動力をもった緊急展開部隊を先に整備すべきだろう。
日本の経済力はそれほど元気ではなく、政治的には税制・財政問題の方が国にとって脅威であり、そこで、何兆円も必要な、あまり効果の無い軍事力を整備してもしょうがない。
ただし、弾道弾の迎撃より、先制攻撃能力の方が安く整備できる。それほど弾道ミサイルは迎撃が難しいのだ。
 
広告

コメントを残す

コメントを投稿するには、以下のいずれかでログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中