中国の軍事力拡張 台湾防衛こそが最大の抑止策

最近の軍事の世界では、アメリカ合衆国より中国の方が注目されている。
 
その報道なので思うことなのだが、
 
中国の軍事力を抑止する最強の方法は核兵器と台湾なのに、どちらも評価されることが少ない。
 
 
中国が海軍を増強して、太平洋やインド洋に進出しようとしているなどと言うが、
中国の喉もとの台湾を制圧できなければ、進出なんて出来ない。
 
それを、アメリカ合衆国や日本などは台湾は中国の一部などと言う主張を受け入れているかのようにふるまい、
一方で、南沙諸島などの領有権で文句言っている。
 
アホちゃう?
 
そんなん、台湾にパトリオットと潜水艦売ったら、台湾が盾になってくれるやん。
 
日本の岡田(外相)を始め、中国に買われていることがよく分かる。
多分、オバマ大統領も似たようなもんやろう。
 
今、中国軍が台湾に侵攻したらどうするつもりやろう。
 
第二列島線なんか気にする前に、すぐ近くの台湾のことを気にしたらええのに、どの国のレポートでも、台湾への侵攻阻止のことには触れてない。
昔は、台湾の防衛にも気を使っていたのに。
広告

コメントを残す

コメントを投稿するには、以下のいずれかでログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中