中国軍の脅威、いつまでも続く?南シナ海でのCARAT演習での米艦隊示威航行

米海軍イージス駆逐艦ラッセン南シナ海を示威航行
米海軍イージス駆逐艦ラッセン南シナ海を示威航行

相変わらず中国脅威論が盛んです。
大規模な軍事パレードにつづき、米中首脳会談後の南シナ海での米海軍艦船による示威航行。
話題が尽きないです。

ここではっきりさせておくと、中国軍の最も脅威なる戦力は核戦力であり、この脅威は中国が核兵器開発に成功した1964年以来40年以上変化がない。
かつても脅威であるし、今もって脅威である。

通常戦力において拡張があると言っても、この核武装に比べるとたいしたことない。

米国にとっては、アメリカ大陸に到達する戦略弾道ミサイルやSLBMが出てきて実際の脅威は高まるので、そろそろ対策をとらねばと考えるだろう。しかし、これは米国の立場であって、日本の取るべき立場でない。

地域大国である中国が軍拡を進める以上、日本の自衛隊も戦力を強化するのは仕方ないが、それはこれまで通り行うという態度で十分である。

先日行われた中国の軍事パレードでも、特別注目すべき新兵器は無いと思う。

DF-5B ICBM 
DF-5B ICBM アメリカ合衆国本土に到達可能な弾道ミサイル

中国の主戦力と言って良いICBMは順調に進化しているようである。
DF-5Bは米国に到達可能である。信頼性も高まり、中国との核戦争でも米国は直接被害を受ける可能性が高い。

DF-21D 対艦弾道ミサイル
DF-21D 対艦弾道ミサイル その運用はまだ確立されていない

また、米国の海軍への抑止力はDF-21Dなどの対艦弾道ミサイルを誇示しているが、これに関しては、能力は未知数と言える。戦時に米国の空母機動部隊を捜索探知することは、中国の制海能力から言って難しく、衛星での探知では空母の至近に直撃させることは難しい。うまく探知できたとしても、弾道弾迎撃能力を持った護衛艦隊の盾を突破しなければならない。500ktの核弾道弾を搭載可能で、実戦では当然核弾道弾を使用しなければ効果がないが、空母は常時時速30ノットで航行しており、核兵器であっても数キロ以内に着弾しなければ効果が少ない。はたして、30キロ以上の対空防空圏を持つ米機動部隊に効果的な攻撃が可能であろうか。

05式水陸両用車
05式水陸両用車

私は逆に中国軍の沿岸攻撃ミサイルと水陸両用戦能力の強化に目を向けたい。米国との核戦争を引き起こさずに実施できる軍事作戦の最大のものは台湾上陸占領である。
台湾は有力な潜水艦部隊と航空戦部隊を持たず、台湾を含む沿岸は中国軍の防空ミサイルの圏内である。
すなわち、中国軍は航空戦で米国に勝てなくても、地上発射の対空ミサイルと中短距離ミサイルだけで継続的に台湾を攻撃して、その航空戦力を撃滅できる。
台湾は有力な海軍部隊(潜水艦)を持たないので、飛行機が無くなれば中国の上陸部隊を阻止する方法がない。
現在の戦力で台湾の併合は可能である。米国が介入しない限り。

米国は前回の台湾海峡危機の際には空母部隊を派遣して、中国の意志を挫いている。台湾を占領しようとした場合、米国は戦争するという立場なのだ。

こうなると中国の台湾占領は難しい。空母機動部隊よりも、潜水艦部隊が脅威となるだろう。大陸と台湾の補給線は常に脅かされ、防空ミサイルの圏外より巡航ミサイルと無人機による攻撃を受け続ける。
それに、中国自身のシーレーンは絶対に守れない。

ということで、今のところ大人しくしているが、逆に言えば、米国が台湾を守るために軍を動かせないときが来れば、台湾を速やかに占領可能ということだ。
またこの水陸両用戦能力は、東シナ海や南シナ海での紛争でも利用しやすい。ロシアのウクライナなどでの作戦を見て分かるように、自勢力圏内で米軍が介入しにくい状況下でこのような通常戦力は役に立つので、これを強化するのは合理的で、戦略に見合うだろう。

05式水陸両用装甲車など中国にとっては特異な車両は充実している。海兵隊も、人員削減の進む中国軍のなかで装備、人員ともに強化されている。ネックは強襲揚陸艦と上陸戦の経験の少なさか。今後、この辺りを強化していくものと思われる。

このように、中国は正面切って米軍と対峙しようとしていないが、あまりに米国の戦略が不明確なために、中国とロシアなどはどこまで出来るか測るために、挑戦的な軍事行動を継続的に行っている。これは中国やロシアの国内での軍部の存在意義の主張と米国へのメッセージ発信に役立っている。

アメリカ合衆国のオバマ大統領は中東とアフガンでの戦争を終了させた。これによって始めてアメリカ合衆国は他の軍事的な戦略を策定できるようになった。当面、地上兵力を派遣しての戦争は行えないが、海軍兵力や航空兵力による攻撃は全世界的に可能なので、大統領選挙後、民主党であろうと共和党であろうと、中国とロシアはアメリカ合衆国の本気を見せつけられる時が来るであろう。

アメリカ合衆国がイラク・アフガンから撤退したのは良かった。しかし、オバマ政権が弱腰に見られたのは確かだ。戦略的に欠陥だらけのイラク・アフガン軍事占領でアメリカ合衆国の支払った代償は大きく、無人機や情報戦に偏った軍事力編成はなかなか元に戻らないだろう。つまり、アメリカ合衆国は戦争にビビッているのだ。
アメリカ合衆国のこの姿勢が中国やロシアを誘惑しているのだ。

米国は軍事的な覇権を維持するつもりなら、今後は、もっと明確に軍事的なメッセージを発信すべきである。同盟国との関係を大事にして、中国やロシアのまやかしの友好に軸足を置いてはならない。
国家の友好関係は力のバランスから出発する。決して感傷的な善人が行うものではない。中国の習主席やロシアのプーチン大統領が感傷的に判断するはずがない。常に損得を計算して、自らの地位と権力を守る以外は国家に忠実なのだ。

ウクライナや南シナ海、台湾での中国とロシアのメッセージを見誤ってはいけない。軍事行動は素早く行い、小出しで対応してはならない。中国もロシアも習主席やプーチン大統領が判断できる限り、感情論では行動しない。どれだけ愛国者が騒いでも、引くべきところは引けるだけの権力を持っている。軍事的に譲歩した時に困るのは軍部であり、それは習主席やプーチンと同一ではないのだ。

南シナ海での12海里以内航行は初めてのまともな軍事行動で、言葉と行動が一致した瞬間だ。膨張的な軍事行動に伴うリスクを明確に示したのだ。
例え、島に飛行場を建設しても、近くに米海軍のイージス艦がいれば制空権・制海権を確保できない。本土から離れた無人島に飛行場を作るコストに見合うか検討する際に、よりコストが増えるように行動すべきなのだ。

前回も言及したが、現在米海軍の力は中国海軍に対し圧倒的な力を持ち。海上で戦闘すればアメリカ合衆国が圧勝する。中国はどんなに挑発されても反撃できないのだ。中国としては海上自衛隊のいない南シナ海とSLBM搭載の原子力潜水艦のパトロール水域としたいところだが、周りに有力な同盟国の無い状態で、南シナ海の無人島に飛行場を作るだけではなかなか実現しないのではないだろうか。

さらに強力な原子力潜水艦を20隻近く配備し、4個機動部隊による定常的なパトロール、静粛性の高い戦略原子力潜水艦、これでようやく自らの海と言えるようになる。
かつてのソ連は北極海を自らの海にするために全力を注いだ。その結果がタイフーン級原子力潜水艦だったりするのだ。そして、自国本土のすぐそばの氷に閉ざされた海でさえ米海軍は侵入し、ソ連の原子力潜水艦を付け回した。
それほど米海軍は強力であり、他国はその行動を阻止するのが難しいのだ。

南シナ海での中国の意図は挑戦的な課題で、すぐには実現できない。中国はそれを理解した上で、理想と現実を比べながら、徐々に力を付けようと思っているのだろう。米国と直ちに対決する意思も能力もないが、少しずつ軍事的な立場を強くしたい、その際に米国の利害を損ねるつもりはない。このことは中国トップの発言にも何度も見られることで、恐らく本音だ。しかしながら、そこは中国人とロシア人、絶対に本音を見せないのが彼らの流儀である。

広告

コメントを残す

コメントを投稿するには、以下のいずれかでログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中