【陸軍-AFV-ドイツ-二次大戦】戦車TOP10 第10位 ケーニヒスティーゲル

 第10位  ケーニヒスティーガー(キングタイガー) 

KingTiger
ケーニヒスティーゲル(ティーガーⅡ)
 誰もが知っている、ドイツの誇る、第二次世界大戦中最強戦車です。戦車同士の1対1の戦いで、互いに同じ条件で対決すれば、どんな戦車に勝利できる戦車です。
 案外と評価が低いのは、活躍しなかったからです。活躍できなかったのは、「十分な数が無かったから」、「制空権が奪われ移動がままならなかったから」、「錬度の十分な戦車兵がいなかったから」、などの理由は言い訳にすぎません。開発者はそんな国家の状況に適した戦車を開発すべきだからです。もし、その状況を見抜けなかったなら、それは開発者の時代を見る目がなかったからです。敵より先を読むのは戦略の基本です。ドイツが二次大戦初期に電撃戦で勝利したのはそのためではなかったでしょうか。
 
 制式名称Panzerkampfwagen VI Ausf. B "Tiger II" 、制式番号Sd.Kfz.182、名称からはTigerI の後継車ですが、設計思想からみるとパンターの発展形だと分かります。対戦車用の長口径の88mm砲をそなえ、傾斜のある重装甲を備えています。対戦中の全ての戦車をアウトレンジから攻撃できる可能性を備えています。可能性なのは、実際は高度な照準技量を乗員が備えていなければ遠距離での攻撃を成功させることは難しいからです。特に、攻撃に際しては難しかったと思います。
 重量は70t近くに達し、現用のM1A2以上に重い戦車です。当時のドイツが持つ、エンジンやトランスミッションの性能の実用限界の重さだったと思われます。事実、故障が多く、軍用品としての信頼性は低く、物資の不足した劣勢のドイツにとって 燃費の悪さも大きな障害になりました。写真にも、燃料不足で放棄された車両がよく撮られています。少年時代、この戦車の写真集を好きで良く見ていましたが、大好きな戦車が強力な戦闘力を発揮することなく路肩に遺棄される姿(アルデンヌ前線の写真)は、逆に、哀れにも思えました。
 
 しかし、数ある戦車の中で、あえてTOP10に選んだのは、大好きだから、、ではなく、ここまでの攻撃力と防御力を、困難ながらも、戦場で使用できるものにまとめ上げたからです。マウス戦車はより強力ですが、決して脅威とはならなかったでしょう。しかし、この戦車は、敵に、「もしキングタイガーがいたらどうしようか」と考えさせるには十分なほど活躍していたのです。特に、西部前線では、対するM4が脆弱だったために、この戦車への対処を怠ると致命的な結果をもたらす可能性がありました。重量に比べあまりに足回りが脆弱という基本的なバランスの悪さを除くと、先進的な車体設計と、生産のしやすさへの配慮がもりこまれたデザインになっていて、非常に完成度の高い設計といえるでしょう。
 ただ、パンターが十分に強力であったことを考えると、もう少し軽く設計しても良かったのではないかと思います。
 
 
広告

【陸軍-AFV-イスラエル-現用】戦車TOP10 第7位 メルカバ

 第7位  メルカバ

 
MerkavaMk4
イスラエル軍の主力戦車メルカバ
 マークⅡとか無しです、すべて含めています。メルカバ、この戦車こそ、国の軍事戦略に合致したデザインの戦車と言えます。防御力を最優先にした設計と言われますが、実際は、戦場までの長距離の機動力が不要なのでそれを犠牲にしてその分防御力にまわした戦車です。そうです、必要な機動力が小さければより強力な戦車が作れるのです。
 開発国で使用国のイスラエルの場合、戦場は基地のすぐそば、さらには、基地そのものが戦場なので、どこか遠くにすばやく移動する必要性は低いのです。イスラエルの戦略的な深縦の浅さを考えると、戦車は、必要な前線に常にべったり配備しておかねばならず、また、敵の機甲部隊に有効に反撃できる部隊は、すでにその場にある部隊だけなので、戦車に求められる能力も、機動力より、火力と防護力がより求められる訳です。特に、イスラエル周辺の脅威となっている国々が外国製の汎用MBTを使用するしかないのだから、イスラエルとすれば、それらの国で使用されるMBTが、戦略的機動性を維持するために犠牲にしている弱点を突くことが出来るのです。
 とはいえ、技術的に高度な部分があるわけではなく、パワープラントを前面に配しているため、前面の装甲に弱点を抱えていると考えられる。(パワープラントへのアクセスドアなどの制限で、他の現用MBTのように、車体前面に特殊な複合装甲を使用できない。中空装甲であることは間違いない。)また、その車体正面の投影面積が大きく、正面への1撃で機動力を失う可能性は決して少なくないので、この順位にしました。
 でも、私個人が戦場へ行くときにはこの戦車を選びます。上面の装甲も強化し前面からの攻撃ではほとんど乗員が死ぬことが無いですから。スイス軍のレオパルド2の主砲でもこの戦車の正面から乗員全員を殺傷することは難しいでしょう。
 

【陸軍-AFV】最高の戦車TOP10

先日、DiscoveryChannelで古今東西の軍事兵器のTOP10を選ぶ番組をやっていました。そのランキングがあまりに?なので、ここでも、「真のTOP10」選びをして見ようかと思いました。好評であれば、他にも戦闘機やオーディオ機器、推理小説や映画などでやってみようと思います。
 
まず、第1弾は「戦車」です。
 
 ランキングに際しての基準は、その時代が要求する能力を、開発チームがどれだけ実現しているかである。単に用兵者が要求したものを実現するだけでは不十分です。軍部や政治家を含んだ、開発チーム全体がどれだけ時代を見据え、その国の戦略実現に適したデザインを産み出しているかを評価してみたい。
 これは、自分の仕事である、コンピュータシステムの開発では、クライアントが要件定義書に書き出した項目だけを実現するようなエンジニアを、自分は評価しないからです。お客であるクライアントが、コンピュータのシステムに関して専門家であるはずが無く、それなのに、「要件定義書」に載っていないからそんな機能は無いと突っぱねるのはおかしいと思いません?経営戦略に合致したシステムでなければ、開発者として失格だと思います。
 なので、ここでは、開発意図とデザインが、どれだけ軍事戦略実現に貢献するかを評価します。戦車の開発者も国の置かれた状況や時代の趨勢に適した開発をしなければなりません。
 
●第一次世界大戦の戦車について…第一次世界大戦では、戦車の戦術的用法が確立されていませんでした。それより、戦車の機動性や突破能力を有効に使用すべき陸軍全体の能力が無かったので、今回のTOP10にマークⅠなどの戦車は選びません。戦車の用法が確立し、その戦略的効果に確信を持ち始めた第二次世界大戦以後の戦車を対象とします。
 
順位 戦車名 原生産国 生産・正式化
1位 レオパルド2 ドイツ 1979年
2位 パンター ドイツ 1942年
3位 T34 ソ連 1940年
4位 T55 ソ連 1951年
5位 M1エイブラムス アメリカ 1980年
6位 レオパルド1 ドイツ 1960年
7位 メルカバ イスラエル 1979年
8位 センチュリオン イギリス 1945年
9位 ルクレール フランス 1991年
10位 ケーニヒスティーゲル ドイツ 1943年
11位 38(t) チェコスロバキア 1938年
12位 90式戦車 日本 1990年
 

【その他】ミニタリードットサイバーネット神戸

ミニタリードットサイバーネット神戸

このスペースは、私が勤めているサイバーネット神戸では語ることのできないことについて書き込んでいこうと思います。

専門分野のコンピュータのことはさておいて、酒、タバコ、喫煙用パイプなど大人(?)の話題から、趣味の航空機、ミニタリーなど、色々なことをご紹介するつもりです。興味のある方は是非チェックしてください(^^ゞ。