タグ別アーカイブ: イギリス軍

戦車TOP10 8位 イギリス センチュリオン戦車

イギリスが第二次大戦末期に開発した中戦車センチュリオン。

Centurion_cfb_borden
センチュリオン戦車
性能諸元
全長 9.83m
車体長 7.55m
全幅 3.39m
全高 3.01m
重量 52t
懸架方式 ホルストマン方式
速度 34 km/h
行動距離 450km
主砲 Mk.1-2:58.3口径17ポンド砲(70発)
Mk.3-8:66.7口径20ポンド砲(65発)
Mk.9-:51口径L7 105mm砲(64発)
副武装 Mk.1-4:7.92mm ベサ機関銃
Mk.5-:7.62mm M1919重機関銃(4,200発)
装甲 砲塔
前面:152mm 側面:65mm
後面:50mm 上面:25mm
車体
前面:76mm(Mk.5/1以降、+50.8mm)
側面前部:51mm
側面後部上:36mm
側面後部下:20mm
車体上面:25mm
底面:17mm
装甲スカート:5mm
エンジン ロールス・ロイス
ミーティア・ガソリンエンジン
650HP
乗員 4名

イギリスは戦車に頭文字Cで始まる名前を付けるのが慣例となっており、センチュリオン(Centurion)、チーフテン(Chieftain)、チャレンジャー(Challenger)などとなっている。チャーチル歩兵戦車(Mk.IV Churchill Infantry tank)は英国首相の名前であるが、たまたまCから始まる名前で都合も良かった稀な名前だ。

開発呼称はA41、一応巡航戦車のシリーズとして開発された。Cで始まる名称も巡航戦車の伝統だ。

■開発

センチュリオンをTOP10にランキングさせた理由の1つは、T-34とならび主力戦車の概念を作ったからだ。

第二次大戦当時、戦車は偵察を主任務とする軽戦車と対戦車戦闘や歩兵支援を任務とする重戦車という区別がされていた。これは、戦車が前大戦までの騎兵部隊の任務を引き継いだことや、重い大砲を装備して、軽快な機動力を発揮できるエンジンや走行装置が開発できなかったためだ。戦場で歩兵を上回る移動速度が必要な場合は、装甲を薄くして、軽武装の快速な戦車をあて、敵陣地への攻撃などの場合は、大きな大砲を搭載した大きな戦車がゆっくり動きながら支援する。主兵力は歩兵であったので、重戦車の機動力は歩兵並みで良いとされた。

イギリスの場合、軽快な戦車を巡航戦車、歩兵支援を行う重装甲の戦車を歩兵戦車と呼び、全く別物の戦車を2系統で開発し運用していた。

Comet_tank
巡航戦車コメット この戦車の後にセンチュリオン戦車が開発される

第二次大戦前、ドイツ陸軍は機甲戦の考え方を有していたが、防御された前線を突破可能な攻撃力・装甲と突破後の前線背後への侵攻が可能な機動力を併せ持った戦車は開発出来なかった。終戦時の条約と技術的な制限のゆえだ。

しかし、第二次大戦が始まってみると、軽戦車のような弱武装では偵察すらままならず、一度交戦が始まれば、砲撃下で機動力を発揮する暇もなく撃破された。また、重戦車は、前線すら定かでない流動的な前線に駆けつける事すらできず、敵に相対しても、機動力で迂回されると追撃する機動力が無いので取り残され、最後には敵重砲の餌食になった。そして、戦車にとっての最大の敵は戦車であった。敵戦車を無力化できなければ、戦車は役に立たないのだ。このような状況でドイツ軍の3号戦車、4号戦車は主力戦車的に使われるようになり、対戦車戦闘が可能な主砲に強化され、それにあわせ、機動力と装甲も強化された。多砲塔の重戦車を作ってきた米ソはそれを旋回単砲塔の戦車に切り替え、それぞれM4シャーマンとT-34戦車を投入した。

対するイギリスは、戦争が始まっても巡航戦車と歩兵戦車という区別を捨てきれなかった。おそらく、軍はこのような区分が実戦で役に立たないことは分かっていただろうが、騎兵部隊は自分の巡航戦車、歩兵部隊は自分の歩兵戦車を固守したがった。また、アフリカでの戦闘などで戦車戦力の欠乏・欠陥が露呈すると、イギリス政府は自国の戦車開発を見限って、米国からM3やM4戦車を多量に導入した。M3の場合、旋回砲塔の機能を強化していることからも、イギリスが戦車にどのような能力が必要か分かっていたと思われる。タイガー戦車など、ドイツ軍に新型戦車が登場した際も、いち早く、17ポンド砲を装備したM4ファイアフライを設計した。軍用兵側の設計チームの方が、より実用的な戦車を設計できた。

British_Sherman_Firefly_Namur
第二次大戦中ナムル近郊で戦闘に備えるシャーマン・ファイアフライ

※M4ファイアフライは王立砲術学校のウィスリッチ少佐の提案で開発された。同じ17ポンド砲装備の巡航戦車A30チャレンジャーはバーミンガム鉄道車輛会社が開発。巡航戦車・歩兵戦車の開発はメーカーが主に担っていた。

戦車という新兵器を生み出したイギリスだったが、戦車開発の始祖であったことが、この時の戦車開発にはマイナスになっていた。タイガー戦車後に登場しながらそれに全く歯が立たない戦車クロムウェルを投入し続け、自国と英連邦兵士の多大な犠牲を出した。これは兵器開発で最も忌むべき例である。役に立たない設計は兵士の血を持って贖われ、どんな勇敢さも価値のない犠牲になってしまうのだ。この例の最悪は特攻機・船を開発した日本兵器産業だ。

■武装(攻撃力)

イギリスがようやく目を覚ましたのは第二次大戦も終わりに差し掛かったとき、巡航戦車であっても敵戦車を撃破できる主砲と撃ち合っても生き残れる装甲を持った戦車センチュリオンを開発した時だ。当初、タイガー戦車をAPDS弾で撃破可能な17ポンド砲を搭載し、後に、17ポンド砲の後継となる20ポンド砲を主武装にした。

センチュリオンはどちらかというと防御を重視した戦車であったが、この20ポンド砲の優秀さがその攻撃力を世界最高レベルに引き上げた。

この20ポンド砲は英国王立工廠ロイヤルオードナンス製で、すでに名砲として名高い17ポンド砲の後継として開発された。

オードナンス QF 20ポンド砲 データ
口径 84mm
砲身長 66.7口径(5.57m)
弾種 APCBC-T
APDS-T

英国は優秀な火砲いくつも開発してきたが、その中でも17ポンド砲からL7 105mm砲までの系列は最優秀と言って良い。戦車用のライフル砲では並ぶものがない。よく言われる話に、20ポンド砲がドイツ製火砲のコピーという話があるが、こういう話をする人は火砲の開発のなんたるかを知らない人だ。

火砲は部品の組み合わせだけで作れるものではない。単純に言えば砲身と薬室がひっついたものだが、これらを、火薬の強大な爆発に耐えるように作り、なおかつ、高熱や圧力にさらされても精度を保たなければいけない。戦車砲の場合、重量も出来るだけ軽くしなければならない。もし、砲の設計図があったとしても、個々の部品そのものを製造する技術が無ければ生産できない。

砲身は最も精度が要求され、かつ強靭でなければならない。砲身に使用される鋼は炭素、タングステンやモリブデンなどを微量に加えた合金で、製造過程で慎重に鍛造、熱処理される。さらに長い砲身内を穿孔し、ライフリングも施す。これらを考察しただけでも、砲身そのものがそこにあってもコピー不可能なことが分かる。製造にかかわる全てのノウハウを知ってもまだ製造は難しい。L7は各国が参考にして同じものを作ろうとしたが、結局のところどれも失敗している。

そして、戦車砲は砲そのものだけでなく弾頭や弾薬も含めたシステムとしてその性能を発揮する。弾薬は多量に生産しなければならないので、量産工程での効率化なども必要である。どの部分を精巧に作るべきか、どこは生産性を優先すべきか、全工程を詳細に設計して、初めてこのような戦車砲が製造可能なのだ。

この20ポンド砲はAPDS弾で1000m先の287mmの装甲鋼板を貫徹可能(弾着角0度)で、当時想定されるどんな戦車も撃破可能であった。ソ連のIS-3は車体前面110mm(傾斜角60度)だが距離1000mで撃破できる。敵戦車を撃破可能なことはMTBの必須の性能で、センチュリオンはこの重要な項目をクリアしている。ASDS装弾筒付徹甲弾の能力もあり、当時の他の戦車砲を凌駕する性能を誇っている。

オードナンス QF 20ポンド砲と他の兵器の性能比較表 均質装甲を射撃した結果
兵器名称 砲口初速(単位m/s) 貫通性能(単位mm)
20-Pounder(Mk.3 APDS) 1,465 287(弾着角90° 射程1,000m)
85mm D-48(BR-372 HVAP) 1,040 185(弾着角90° 射程1,000m)
8.8 cm PaK 43(PzGr.40/43 APCR) 1,130 241(弾着角90° 射程1,000m)
90mm M3(M304 HVAP) 1,021 230(弾着角90° 射程914.4m)
90mm T15E2/90mm T54(HVAP) 1,143 196(弾着角60° 射程914.4m)

この20ポンド砲はのちにライフル砲の最高傑作とされるL7 105mm戦車砲に進化する。センチュリオンはMk5でこの砲に換装することになる。

Centurion_mk5_dk_4
デンマーク軍のセンチュリオンMk5 105mm砲を搭載している

シャーマン・ファイアフライに17ポンド砲を搭載した際に、砲塔内のスペースに余裕が少なく装填作業にも支障があった経験から、センチュリオンは砲塔容積を大きくとっている。さらに、センチュリオンの特徴になっている砲塔周囲に設けられた装具箱を常設することで、車内の容積確保に役立っている。これはのちにHEAT弾へのスペースドアーマーの効果も発揮した。

■装甲(防御力)

Centurion_armor_7_2
センチュリオン戦車は装甲防御を重視して設計された

センチュリオン開発の主旨は、敵戦車に対抗できる装甲をもつ巡航戦車で、当初から防御が重視されていた。

砲塔は鋳造構造でほぼ垂直だが、全面で152mmありかなり重装甲。車体は避弾経始が考慮され、前面76mmで傾斜角55度、垂直鋼板140mm相当でドイツの88mm砲になんとか対抗可能でアウトレンジされない。

Centurion_armor_7
センチュリオン戦車の装甲厚

前述したように、各所の装具箱で直撃の被弾を避けるように設計され、車体側面も車輪やサスペンション、スカートが防御に役立っている。第二次大戦末期にドイツ国内の戦闘で瓦礫にこもるドイツ兵のパンツァーファウストなどの対戦車兵器で犠牲を出した英軍はセンチュリオンの設計にその教訓を反映させ、HEAT弾のスタンドオフ効果を狙って各所に工夫を凝らしている。車体底部を船底型にしているのも、地雷の爆風をそらして被害を減らすためだ。スカートを通常装備したことも先見の明というべきだろう。

エンジンがガソリンエンジンで、燃料に引火性の高いガソリンを使わねばならないのが防御上の大きな欠点だ。戦車用の高性能ディーゼルエンジンを用意できなかったことは、次項の機動力にも影響し、センチュリオンの評価に悪影響を与えている。

後継戦車のチーフテン戦車はセンチュリオン以上に防御力を強化しているので、イギリス軍はセンチュリオンの防御力でもソ連のT-62やT-72に対抗するのは難しいと考えていたようだ。チーフテン戦車はほとんど重戦車化しており、イギリスがどれだけドイツ戦車に苦しめられたのかが見て取れる。チーフテンは冷戦期によみがえったタイガー戦車のようだ。しかしながら、センチュリオンを戦車戦力の主体として使用したイスラエル軍はL7 105mm砲を搭載したセンチュリオンがT-62より優れていると判断したことから、軒並み軽装甲な主力戦車がそろっていた第二世代MBTにも見劣りしない防御力を有していた。第三世代のMBTになり、再び防御力を重視されるようになったことからも、センチュリオンの防御重視の設計思想が正しかったと言える。

■機動力

Centurion_wheel_8
オーソドックスな設計のサスペンションと大直径転輪は防御にも役立っている

走行装置はオーソドックスなホルストマン式サスペンションに、ロールスロイス製ミーティアV型12気筒ガソリンエンジンを組み合わせ、相応の機動力を発揮した。

ミーティアエンジンは傑作航空機用エンジン「マーリン」の車載用改良型。650馬力以上の出力で50t近い車体を時速34kmで走らせることができた。ガソリンエンジンは戦車用エンジンには向かないので、これはセンチュリオンの欠点である。結局、イギリスは後々もまともな戦車用ディーゼルエンジンを開発できなかったので、この分野は得意ではなかったようだ。

ホルストマン式サスペンションは外装式のコイルスプリングによる懸架方式で、2輪1組で構成される。外装式なので整備性に優れ、側面の防御力向上にも役立っている。部品を犠牲にして乗員を保護するという方針が徹底されている。独立懸架のトーションバー方式や油圧サスペンション方式に比べ性能は劣るので、機動性能は平均並みか少し劣るか。整備性、信頼性などが優れているので、全体として次第点。

■戦歴

就役期間が長く、戦歴も多い。第二次大戦には間に合わなかったが、冷戦期に入ってすぐの朝鮮戦争で活躍する。M4シャーマンが北朝鮮軍のT-34/85に対抗できなかったなかで、センチュリオンは優れた戦闘力を発揮し、攻守ともT-34を上回った。機動力も山がちの朝鮮半島で十分な性能を発揮した。戦争中の最優秀の戦車との評価を受けている。


koreawar_centurion

朝鮮戦争でのセンチュリオン戦車


koreawar_t34_85

北朝鮮軍のT-34/85
当初、国連軍でこの戦車に対抗できたのは
センチュリオンだけだった。

センチュリオン戦車が最も活躍したのは中東戦争だ。中東戦争でのイスラエル戦車部隊の主力として、その代名詞になるほどの活躍を見せた。当初はエンジンや古い照準装置などの問題も指摘されたが、そもそも余裕のある造りだったことから、イスラエルお得意の改造を受け、第2.5世代戦車にまでなった。第三次・第四次中東戦争では戦車部隊の主力となり、T-55やT-62と激戦を繰り広げ勝ち抜いている。イスラエル軍の使用した戦車の幾つかは防御力の不足を指摘されたが、センチュリオンの防御力に対する信頼は高かった。

israelarabwar_centurion
中東戦争で活躍するセンチュリオン戦車

印パ戦争ではインド軍がセンチュリオン戦車を用いて、パキスタン軍のパットン戦車と戦い勝利している。

南アフリカもセンチュリオンを実戦に使用した。

戦歴の中でも沢山の勝利に貢献し、使って見るとなかなか良かったという高評価で、センチュリオンの優秀さの現れと言えよう。

■発展

センチュリオン戦車は現役期間も長く、もともと余裕を持たせた設計だったので、次々と改良されていた。

英国

Centurion_mk13_5
イギリス本国でのセンチュリオンの最終形 Mk.13 車体前面の追加装甲、照準用同軸機銃などが分かる

イギリス本国での改良形式だけでもMk.13まで改良された。エンジンと主砲の換装が大きな改良で、主砲はL7A1 105mm砲を搭載した。ソ連の新型戦車の登場に対抗し、Mk.8からは前面に装甲が追加された。最終形は赤外線暗視装置も追加された。

戦車型以外にも各種工兵支援車両に改造されている

センチュリオンAVRE 戦闘工兵車
障害物破壊用の165mm砲を搭載し、ドーザーブレードや地雷処理装置の取り付けが可能。
Centurion_avre_mk5_2
センチュリオンmk5 AVRE 戦闘工兵車
センチュリオンARK/AVLB 架橋戦車
75フィートの長さで、耐荷重80tの橋を架けることが出来る。

Centurion-ark_Bridgelayer

センチュリオンARK 架橋戦車


Centurion_avlb_3

センチュリオンAVLB 架橋戦車

センチュリオンARV 戦車回収車
チーフテンやチャレンジャー戦車も回収可能。
Centurion-ARV-MkII_6
センチュリオンARV 戦車回収車
センチュリオンBARV 海岸回収戦車
海兵隊用に上陸作戦時に使用する。イギリス軍で最後まで使用されていたセンチュリオン戦車である。
Centurion-BARV
センチュリオンBARV 海岸回収戦車

○イスラエル

Centurion_shot_9
イスラエル軍のショット戦車

イスラエルはセンチュリオンを芯まで使い切っている国である。センチュリオンの究極形はイスラエル軍のセンチュリオン、ショット戦車(Shot)だ。この戦車はセンチュリオンの欠点であったエンジンをアメリカ製のディーゼルエンジン(コンチネンタル
AVDS-1790)に換装することで機動力の問題をクリア。トランスミッションもアリソン製に変更。機関系をアメリカ製に統一して整備性をより高めた。主砲はL7にして、遠距離での戦闘力を高め、T-62などの新型戦車をも撃破できる攻撃力をそなえた。キューポラもイスラエル得意の少し浮き上がって周囲を視認できるハッチに変更した。実戦で鍛え上げられたセンチュリオン戦車は戦場でその能力を証明し、傑作戦車と評価されるようになった。

Centurion_shot_9_engine
アメリカ製のディーゼルエンジンに換装されたショット戦車のエンジンルーム

メルカバ戦車が登場したのちも、爆発反応装甲を付けたり、リモート操作の機銃を付けたりして改良を重ねたが、レバノン内戦後は現役を退いている。

・重装甲APCへの改造

イスラエルはT-55をAPCに改造したアチザリット装甲車を使用しているが、センチュリオンも同様の改造を加え、ナグマショットから続く戦闘工兵車を開発した。これらはいずれも戦車の砲塔を取り除き、戦闘室に兵員を乗せられるように改造している。元々戦車なので通常のAPCを超える装甲を有しているが、側面・上部を中心にさらなる防御強化を図っている。砲塔と主砲の分だけ装甲を強化したなら足回りはそのままで重装甲にできる、という理屈だろう。戦車の時よりも重くなるほどの装甲強化を行っている場合もある。

ナグマショットなどのセンチュリオン改造戦闘車はアチザリット戦闘兵車よりも工兵装備が多く、戦闘工兵として運用されているようだ。地雷防御を重視したセンチュリオンにあった運用であろう。戦闘工兵車両に使うため、車体前部に地雷処理ローラーやドーザーブレードを取り付けることができる。市街戦を考慮して全周にわたる視察装置とリモコン銃塔が装備されている。

センチュリオン戦車は元々後部にエンジンがあるので、兵員の乗り降りは車体上部から行う必要があり危険。アチザリットはエンジンを寄せて後部に細い乗降口がある。改良型には後部乗降口周りに装甲版を立てている。

ナグマショット
センチュリオン改造の装甲兵員輸送車。10人の歩兵の登場が可能。
Centurion-Nagmashot_11
イスラエル軍 ナグマショット装甲兵車
ナグマホン、ナクバドン
ナグマショットの改良型。ナグマショットとともにドッグハウスと呼ばれる大型の視察銃塔を取り付けたものがあり、どこか不気味。全周を装甲で守りハリネズミのようにとげをたてて武装しなければ任務を遂行できないのが、現在のイスラエルを象徴しているようだ。
Centurion_Nagmachon_10_1_doghouse
イスラエル軍 ナグマホン装甲兵車 ドッグハウスと呼ばれる全周視察銃塔
プーマ戦闘工兵車
ショット・カル戦車からの改造。
Centurion_PumaAPC_12
イスラエル軍 プーマ戦闘工兵車 メルカバ改造のナメル装甲車に似ている

○南アフリカ

Olifant-1
南アフリカのオリファント戦車 追加装甲で元の砲塔の形が分からないほどだ

原型のセンチュリオンから、現地で改修した型など、イスラエル同様の使い方。南アフリカはアパルトヘイト政策のために長く欧米諸国から武器の輸出を禁じられていたため、最新鋭の戦車を手に入れられなかった。周辺に敵対国が多く、国を取り巻く環境がイスラエルと似ていて、中古の戦車を改造して使うのもイスラエル流だ。実際、各種兵器開発にイスラエルが協力している。

センチュリオンの改造の究極形がオリファント戦車で、増加装甲を付けた最新型は同じ戦車と思えないほどの改造。イスラエルにおけるマガフ戦車(M60パットン戦車改造)の改造に似ている。

■まとめ

センチュリオンは史上初の主力戦車という先進的な概念で設計されながら、完成されたオーソドックスな技術を組み合わせ、これまでのイギリス戦車とは一線を画す完成度の高さを示した。20ポンド砲(後継のL7)や装甲スカートは後世の戦車の模範となるような革新性を持ち、一方で車体構造・懸架方式やエンジンは第二次大戦時に既に評価の高かったものを利用した。今ならリスクマネイジメントというべき手法で開発全体を評価して新旧技術の使い分けをするところ、センチュリオンの設計チームは彼らの経験と感性でそれをなしとげ、かつてないバランスの良い戦車を作り出した。もし、この戦車が生み出されていなければ、後のイギリス国産戦車は生まれず、英国での戦車開発は大戦後に終了していただろう。戦車発祥の国を、現代までつづく「戦車王国」に育てたのがセンチュリオン戦車であった。