タグ別アーカイブ: ドイツ軍

戦車TOP10 第2位 パンター戦車

第二次大戦のドイツ戦車パンターです。

Panzerkampfwagen V Panther 制式番号:Sd.Kfz.171

パンター戦車
パンター戦車
パンターG型後期型
性能諸元
全長 8.66 m
車体長 6.87 m
全幅 3.27 m
全高 2.85 m
重量 44.8 t
懸架方式 ダブルトーションバー方式
速度 46 – 55 km/h(整地) 27 – 33 km/h(不整地
行動距離 170 – 250 km
主砲 70口径75 mm Kw.K.42 L/70(79発)
副武装 7.92 mm MG34機関銃×2(4,200発)
装甲 砲塔前面110 mm 傾斜11° 側・後面45mm 傾斜25° 車体前面80mm 傾斜55° 側面40mm 傾斜40° 後面40mm 傾斜30°
エンジン Maybach HL230P30 水冷4ストロークV型12気筒ガソリン 700 hp (520 kW)
乗員 5 名

 

タイガー戦車と並んで有名なドイツの最優秀戦車。

Ⅰ号戦車から続く第二次大戦中に開発されたドイツの主力中戦車。

Ⅴ号戦車(Panzerkampfwagen V)と呼ぶが実際はⅥ号戦車のタイガー戦車よりあとに制式化されている。

 

戦車は第一次大戦で生まれ、第二次大戦で大きく発展した。塹壕戦という形態を一気に陳腐化させ、装甲化した機械化部隊による機動戦略が作戦の基本となった。まさに陸戦の王者になったと言ってよいだろう。

この機甲戦略を最初に実戦に用いたドイツで、その提唱者だったハインツ・グデーリアンは必要な戦車の性能を思い描いていたが、それを初めて具現化したドイツ戦車がパンターだ。

 

パンターはソ連のT-34を研究した結果を設計に反映させている為、傾斜装甲や東部前線の不整地を走行できる機動性を備えている。

開発にはMAN社とダイムラー・ベンツ社が競争設計に参加し、ベンツ社の設計はT-34に形状が似ている。

パンターの試作案
ベンツ社の設計はT34に酷似している

このことからT-34がいかに大きな影響を与えたか分かる。戦車史へ与えた影響を評価するならT-34がトップになることは間違いない。しかし、ここでの順位は影響でなく、実戦での性能を評価するのでT-34はパンターに劣る。これは、単に後から開発されたからパンターが優秀という以上に、革新的な技術力を導入し、利用できる資材、戦略を考慮して、最も戦場に必要な性能を備えた戦車を送り込めたということが重要なのだ。

 

 

T-34とどちらが優秀か

T34/85
T34/85

では、T-34よりパンターは優れているだろうか?

勿論である。しかしながら、これほど無意味な考察はない。両者とも当時与えられた任務に最適で他を寄せ付けない性能を発揮して戦いに貢献したからだ。

それでも、無理やりにでも優劣をつけようとするなら、、

 

T-34は当然85mm砲装備型を相手に検討する。

パンターとT-34が合いまみえた場合を考えればすぐに結論は出る。T-34ではパンターは倒せないであろう。装甲も火力もパンターが勝り、より遠距離で有効な攻撃を加えることが出来る。重量はパンターの方が重いが、それに十分な機動力を与える機関を有し、優秀なトーションバー・サスペンションによって不整地でもT-34に勝る機動性を誇る。

 

世間にある大きな誤解の中に、ドイツ戦車は火力装甲に優れるが鈍重というのがあるが、あれだけの重量を駆動できるエンジンとトランスミッションを開発できたのがドイツだけであったとこを忘れてはならない。資源が乏しく生産力に劣るドイツが、米国やソ連の戦車と対するのに、相手が持っていない技術を使わないということがありえるだろうか?兵器は常に戦う相手を考えて設計される。それなら、相手にない能力を加えより有利に戦闘できるようにするのが当然だ。

たとえ最高速で劣っても、レースで戦う訳ではないのでそれは関係ない。逆に不整地でスタックせず機動的な作戦を実行できるかがカギになる。パンターはその能力を備えていると言えるだろう。

 

結果的にドイツは戦争に負けるので、それによって戦車への評価が変わるのはありえることだ。しかし、現在に至るまでの戦車戦を研究してみれば分かるように、火力で相手に優れ、より遠距離から相手を撃破出来る性能というのは、戦闘において圧倒的な優位を発揮する。

また、重厚な装甲によって乗員を守ることは、資源の少ない国ほど重要なのである。たとえ敵の攻撃を受けても弾が貫通しないという安心感は戦場での行動に直結している。

 

T-34のシンプルさは良く評価される点であるが、簡素さは実際の戦車戦闘に置いては意味をなさない。それよりもT-34が登場時点において世界のどの戦車おも凌駕する装甲防御を持っていたことと高性能のディーゼルエンジンを備えていたことを最も評価すべきである。さらに、75mm砲装備で登場して後、パンター、ティーガーの出現を受けて85mm砲にすぐに換装できたのも素晴らしい。ソ連がT-34以降の新戦車を戦争中に投入しなかったのも、この戦車で大戦を勝ち抜くことが出来ると判断したのが大きな要因だろう。もし、ソ連がIS-3で完成させた対ドイツ戦車シリーズを早期に開発し戦争に投入していればそれがパンターを凌駕したかもしれない。

 

戦闘性能においてパンターはT-34を凌駕し、運用においても一定数の稼働が実現し、数千両の生産も行っていることから、総合的にパンターはT-34より優れた戦車であると言える。

 

火力

長口径の75mm砲、T-34やシャーマン戦車を1000m以上の距離から撃破出来る。より強力なスターリン重戦車であっても近距離なら正面から撃破可能。近づきさえすればどんな方向からでも撃破できるなら、戦闘はより柔軟に進められる。そういう意味で最適の主砲。

生産の簡略化において88mm砲に統一できなかった点が難点。

 

機動力

良く酷評されるドイツ戦車の機動性であるが、実戦において特別敵に劣るというデータはないのだ。戦争後期のドイツでは、常時、補給の問題があったので燃料や補給部品が欠乏するゆえ走行できなかったり故障したりすることが多くなったが、それはロジスティックの問題で、それをパンターの設計の責任にするのは強引だろう。

米国はシャーマン戦車を大量に生産し勝利に貢献させたが、大きく4種類の量産型があり、決して完成された設計ではなかった。あれだけの数がそろい、圧倒的な航空優勢があったにも関わらず、ドイツ装甲部隊に遭遇するとそれなりの損害を受け部隊は進めなくなった。連合国の兵士はドイツ戦車を恐れた。

ここからもドイツ戦車、パンターが優秀であったことが類推できる。

パンターの交差転輪
パンターの交差転輪

トーションバー・サスペンションは現代でも用いられる優秀なサスペンションの構造で、これほど戦車に適したシステムはなかった。車内容積を節約し、ほぼ理想的なばね特性を持つ。本来堅牢で大重量を支えるのに適している。60トンを超えるようになったレオパルドやM1でも用いられていることがそれを証明している。

地雷の被害を受けやすいというのは言い過ぎ、故障の際に交換に手間がかかる点はマイナス評価になる。

イスラエルのメルカバ戦車がコイルスプリングを採用しているのはこの交換の手間を嫌ったからだ。機動性を発揮して本来被害を受けないように高性能のシステムを使うか、それとも、被害を受けることを前提で修理や交換の手間を少なくするか、これに一方的な結論を出すことは難しい。

ドイツでは戦車用の高出力のディーゼルエンジンを実用化できなかった。この点はT-34に劣る部分でパンターの欠点である。

しかしながら、総じて、パンターの機動力は大戦中最高レベルであった。

 

防御力

パンターの各部の装甲厚
パンターの各部の装甲厚

装甲防御や各種防御装備は高性能で大戦中の重戦車を相手にしても十分なレベルであった。正面装甲に比べ側面装甲が薄く、機関部付近の防御が万全とは言えないが、同世代の戦車の中では優秀だった。

 

シリーズの発展

初期のA型やD型を見れば各種欠陥が見られ、信頼性は戦闘においても問題になるほどであった。実際、クルスク戦において戦場での故障車が続出したことは大問題である。ここではロジスティックの影響を受ける部分は評価に加えないが、実際の戦場で戦闘中に故障が続発するならそれは実戦闘力の欠如と見て良い。

しかし、パンターはG型において完成形となり以降ドイツの主力戦車として活躍する。戦争末期にはロジスティックの面で稼働率は極端に低下するが、それは戦車の戦闘性能評価には関係なかろう。

 

ティーガーⅡとの比較

ティーガー2 SdKfz182 Panzerkampfwagen VI
ティーガー2 SdKfz182 Panzerkampfwagen VI

正面からの戦闘性能において同じドイツのティーガーIIは傑出している。あれを量産し戦場に部隊として投入できたのはドイツの戦車技術がどれほど高度であったかを証明している。

しかしながら、パンターのとの比較においては、無駄に火力と防御を強化して機動力が低下し、それによって実戦での総合的な戦闘能力ではパンターと差異がないのだ。攻勢的な作戦で機動的に動くのに難があった。20トン以上の重量増加に関わらずエンジンやサスペンションがパンターと同等であるという点からも、ティーガーⅡが重戦車ないしは駆逐戦車的な位置づけであったことが分かる。東部前線でT-34の集団相手にいくらティーガーⅡが強くても相手を補足することが出来なかったであろう。ティーガーⅡの機動力不足は致命的と言える。

 

以上のように、

戦車として火力と装甲防御の絶対的な必要性を満足しつつ、十分な機動性を与え、高度な完成度でまとめ上げられたパンターは第二次大戦において最高の戦車であり、後世の戦車の発展を考えるなら、未来を先取りした戦車といえる。それらを評価し、戦車史上第2位とする。

【陸軍-AFV-ドイツ-現用】戦車TOP10 第6位 レオパルド1

第1位のレオパルド2とともに先代も登場し、なんと第6位。
第2世代の戦車はどれもぱっとしないが、最も切実に大規模な機甲戦の可能性があった時代の戦車である。
西側にとって、ソ連とワルシャワ条約機構軍の機甲部隊は核兵器以外では、最大の脅威であった。そして、西ドイツはその最正面にあった。
桁違いの数を有する東側の戦車に対して、それに抗する機甲部隊と戦車を整備することは西ドイツにとって軍事的に必須事項であった。
これは、中東のイスラエルに似た状況といえる。
その切実さが、この第2世代の傑作戦車を産み出した。
 
全長

9.54 m

車体長

7.09 m

全幅

3.25 m

全高

2.61 m

重量

40 t

懸架方式

トーションバー方式

速度

65 km/h(整地)

行動距離

600 km

主砲

51口径105mmライフル砲L7A3

副武装

7.62 mm機関銃MG3i ×2

装甲

砲塔60 mm
防盾52 mm
車体前面70mm

エンジン

MTU MB838CaM-500
4ストロークV型10気筒ディーゼル
830 馬力 / 2,200rpm

乗員

4 名
 
現在からすると、戦後第2世代のMBTの位置づけはあいまいである。
ソ連のT-55戦車に対抗して、1960年代から1970年代前半までに登場したMBTと言うべきだろうか。
西側の場合、51口径105mm砲、ステレオスコープ式の測遠器、多燃料ディーゼルエンジン、NBC防御などが基本的な装備で、
割りに軽装甲で機動性を重視した設計のものが多い。
この時期には、MBTの役割がはっきりしてきており、軽戦車や重戦車という区分の戦車が開発されなくなり、戦車=MBTという形になりつつあった。
 
MBTの定義があいまいな事と同じように、戦車の設計にもあいまいな部分があり、第3世代戦車のように、各国が姿形まで似た戦車を開発したのと対照的に、
第1世代のM46からそのまま進化したM60のような「らしい」戦車もあれば、スウェーデンのStrv103のような無砲塔の戦車まである。
 
さて、この第2世代のMBTの中で比較すれば、レオパルド1戦車が、最も優秀で実用性の高い戦車であることは疑問がない。
ドイツが、戦後のブランクを経て、この傑作戦車を開発できたのは偶然ではない。
彼らは、そのブランクのリスクを警戒し、試作・テストを繰り返して、技術的な実証を十分に行い開発したのだ。
これは、同じく敗戦によりその技術的な資産を失った日本も同じで、第2世代最後の74式戦車の開発の前に、
技術実証試験的に61式戦車を開発したのと同じ意味を持っている。
 
ただ、ドイツと日本との違いは明確である。歴史的に積み上げられた技術的なセンスだ。
かたや無敵のティーガー戦車を作った国、かたや最後まで実用的な戦車を持たなかった国、この差がその戦車開発に現れている。
例えば、エンジン。日本製のエンジンも優秀だが、性能の限界点近くでは、蓄積されたセンスが足りない日本では追いつかないものがあった。
エンジンの構造そのものは発明されてから半世紀ほどでほぼ固まったが、燃焼のタイミングやピストンの応力制御や駆動ギアとの関連でのシリンダの回転の制御など、
実に細かいノウハウが必要な部分が数多くあり、それは直ぐに得られるものではない。
アメリカがM1にガスタービンを採用したのも、細かい蓄積されたノウハウより、アカデミックな部分での研究成果に自信があったからだろう。
 
第2世代最高の戦車のレオパルド1は、他世代の戦車との比較でも優秀と言えるだろうか?
イエスである。
第2世代戦車は軽装甲で、中東戦争での戦訓があって以降、設計思想の失敗と思われている。
戦車に必要な装甲は、「MBTの主砲以外の地上兵器に対して無敵」であればよい。
レオパルド1戦車開発時の「MBTの主砲以外の地上兵器」とはどんなものであったろう。
対戦車ミサイルはようやく照準線合致方式(目標に目印を合わせ続ける)が実用化され、命中率がある程度上がり始めた。
しかし、人間の手で照準し続けるので、安定化されていない装甲車の上で機動を繰り返しながら照準を続けることはできない。
つまり、あくまで防御兵器で、攻勢局面での機動戦には向かない。
このように、まだミサイルがそれほど脅威でないなら、それへの対処を、リスクの大きい装甲での対処より、
機動力やシルエットの低減で対処するのは間違いではない。
まして、戦場での最大の脅威が核兵器であった当事、重装甲より機動性を重視するのは当然である。
 
もちろん、核戦力の脅威が減り、軽量の対戦車兵器が発達してくるにつれ、レオパルド1は改良され、時代の要求に答えてきた。
この懐の大きさもこの戦車の優秀さと言えよう。
しかし、ドイツ戦車は優秀である。
 
 
 

【情報-陸軍-AFV-ドイツ-WEBサイト】クラウス・マッファイ・ベルクマンの硬派なショッピングサイト?

【情報-陸軍-AFV-ドイツ-WEBサイト】クラウス・マッファイ・ベクマンの硬派なショッピングサイト?

クラウス・マッファイ・ベクマンといえばドイツの、いや世界を代表する陸物戦闘車両の製造メーカーである。
 
そこのサイトに関しては以前にもご紹介したが、この会社のサイトはマニアにサービスする事にかなりの熱意があるらしく、
何とびっくり、マニア向けのショッピングサイトまで用意されている。
当然、一応常識のある先進国なので、戦車などは売っていないが、パーカーや鞄に加え、レオパルド戦車のマスコットを売っていたりする。
 
ちょっと困ったな感じのマスコットだが、15.9ユーロ(2000円程度)もします。
いくらドイツ戦車好きでも買えないな。。
 
アフィリエイトは無いが、サイトへのリンクもはっておく。

【情報-陸軍-AFV-ドイツ-現用】クラウス・マッファイ・ベクマン社

クラウス・マッファイ・ベクマン社 Krauss-Maffei Wegmann

クラウス・マッファイ・ベクマン社はドイツの老舗AFV製造会社。レオパルド2やPH2000などを製造していることで世界的に有名。おそらくAFVの製造に関しては世界一の技術を持っている。
そんなことは前から知っていたが、この会社のHPにこのほどいたく感心した。
 
なぜなら、この会社は私のようなマニアの嗜好を良くご存知らしい。
兵器を作っている会社だからってそのマッシブな格好良さを隠そうとしない。この辺は軍隊そのもののHPなんかよりずっといさぎよい。もちろん、グリーンピースなんかからは攻撃の的になるんだろうけど、自分にとっては戦車の写真のダウンロードサービスを行っているところなんかがとってもGOODスマイル

他の企業もこんな感じでHPで写真なんか公開してくると記事も書きやすくて便利。

 
 
こんなマイナーな車両も公開している。マニア泣かせがっかり
フェネックとGFF4 Klasse
fennek_002gff4_001

 

【陸軍-AFV-ドイツ-現用】戦車TOP10 第1位 レオパルド2

世界で最も優秀なMBT レオパルド2

言わずと知れたドイツ製の現用MBTです。
leopard2a6
レオパルド2 MBTの完成形といえる傑作戦車
これを世界でもっとも優秀な戦車としたのは、これが戦車という枠組みの中でもっとも困難な条件に果敢に挑戦して、それでもなお十分な実用性を持っているからです。

乗員 4
重量 62t
全長 7.7 m
全幅 3.7 m
全高 3.0 m
武装 ラインメタル 55口径120 mm滑腔砲
同軸7.62 mm機銃
ターレット上7.62 mm機銃
最高速度 72 km/hr
航続距離 500 km
エンジン MTU MB 873多燃料エンジン, 1500 hp
トランスミッション Renk HSWL 354

レオパルド2は第三世代と呼ばれる時期に開発された初めての戦車です。戦車はこの第三世代で完成したと言えます。レオパルド2は戦車の完成形を体現したと言っていいでしょう。
戦車には火力(主砲)・防御力(装甲)・機動力の3要素が必須だと言われます。中でも火力が重要だと良く言われますが、それは兵器全般に言えることで戦車の最も大きな特徴であり、戦車を戦車たらしめているのはその装甲です。
戦車の任務は戦場において、前線を突破することです。戦車、特に主力戦車がそれをなしえるのは前線においても破壊されない装甲を持っているからです。
レオパルド2以前には、戦車を兵器から守るのに装甲以外の要素でなんとかしようとしましたが、このレオパルド2は実用化された複合装甲を採用し、あらえる対戦車兵器から自身を守れるようになったのです。即ち、レオパルド2は敵MTBの主砲と航空機の対戦車兵器以外には無敵になったのです。
しかし、この戦車以前にも装甲の重要性は分かっていたのですが、第2世代のMBTに代表される軽装甲のMBTが開発されたのは、主に機動性とのテイクオフのためです。レオパルド2がその50トンを超える重装甲を実用化出来たのは強力でタフなディーゼルエンジンとそれを地面へ伝える走行装置を開発できたからです。
現用のMBTでもレオパルド2と同等のエンジン・走行装置は実用化出来ていません。
また、世界の標準主砲となったラインメタル120mm滑腔砲の攻撃力については説明の必要が無いだろう。
レオパルド2はA1からA6までの大きなくくりのタイプがあり、時代の流れにそって改良され、レオパルド2A6では長砲身の主砲と追加装甲、車長・砲手それぞれに独立の暗視能力付きのサイトを有している。
当初のA1での被弾傾斜のない装甲もA6では見直され、現時点でも最強の戦車といえる。
但し、今後、戦車が兵器全体システムとの統合が必須となる中で、コンピュータが旧式なことがネックとなり改良できない場合、世界最強の座をM1エイブラムスに明け渡すことになるかも知れない。ちなみに、TK-Xを始めとする次期の戦車はロジスティックス重視(運べないから装甲を薄くするという本末転倒の考えだが)のため、第三世代のレオパルド2やM1エイブラムスを超える能力の戦車は開発されそうに無い。

leopard2a6_001leopard2a4_002

最強のレオパルド2 スイス陸軍strv122
最強のレオパルド2 スイス陸軍strv122
レオパルド2A6 最新型のレオパルド2
レオパルド2A6 最新型のレオパルド2
 【動画】

    

【陸軍-AFV-ドイツ-二次大戦】戦車TOP10 第10位 ケーニヒスティーゲル

 第10位  ケーニヒスティーガー(キングタイガー) 

KingTiger
ケーニヒスティーゲル(ティーガーⅡ)
 誰もが知っている、ドイツの誇る、第二次世界大戦中最強戦車です。戦車同士の1対1の戦いで、互いに同じ条件で対決すれば、どんな戦車に勝利できる戦車です。
 案外と評価が低いのは、活躍しなかったからです。活躍できなかったのは、「十分な数が無かったから」、「制空権が奪われ移動がままならなかったから」、「錬度の十分な戦車兵がいなかったから」、などの理由は言い訳にすぎません。開発者はそんな国家の状況に適した戦車を開発すべきだからです。もし、その状況を見抜けなかったなら、それは開発者の時代を見る目がなかったからです。敵より先を読むのは戦略の基本です。ドイツが二次大戦初期に電撃戦で勝利したのはそのためではなかったでしょうか。
 
 制式名称Panzerkampfwagen VI Ausf. B "Tiger II" 、制式番号Sd.Kfz.182、名称からはTigerI の後継車ですが、設計思想からみるとパンターの発展形だと分かります。対戦車用の長口径の88mm砲をそなえ、傾斜のある重装甲を備えています。対戦中の全ての戦車をアウトレンジから攻撃できる可能性を備えています。可能性なのは、実際は高度な照準技量を乗員が備えていなければ遠距離での攻撃を成功させることは難しいからです。特に、攻撃に際しては難しかったと思います。
 重量は70t近くに達し、現用のM1A2以上に重い戦車です。当時のドイツが持つ、エンジンやトランスミッションの性能の実用限界の重さだったと思われます。事実、故障が多く、軍用品としての信頼性は低く、物資の不足した劣勢のドイツにとって 燃費の悪さも大きな障害になりました。写真にも、燃料不足で放棄された車両がよく撮られています。少年時代、この戦車の写真集を好きで良く見ていましたが、大好きな戦車が強力な戦闘力を発揮することなく路肩に遺棄される姿(アルデンヌ前線の写真)は、逆に、哀れにも思えました。
 
 しかし、数ある戦車の中で、あえてTOP10に選んだのは、大好きだから、、ではなく、ここまでの攻撃力と防御力を、困難ながらも、戦場で使用できるものにまとめ上げたからです。マウス戦車はより強力ですが、決して脅威とはならなかったでしょう。しかし、この戦車は、敵に、「もしキングタイガーがいたらどうしようか」と考えさせるには十分なほど活躍していたのです。特に、西部前線では、対するM4が脆弱だったために、この戦車への対処を怠ると致命的な結果をもたらす可能性がありました。重量に比べあまりに足回りが脆弱という基本的なバランスの悪さを除くと、先進的な車体設計と、生産のしやすさへの配慮がもりこまれたデザインになっていて、非常に完成度の高い設計といえるでしょう。
 ただ、パンターが十分に強力であったことを考えると、もう少し軽く設計しても良かったのではないかと思います。