タグ別アーカイブ: ロシア軍

ロシア海軍潜水艦 ロストフ・ナ・ドヌー 地中海からシリアのIS拠点に巡航ミサイル発射

ロストフ・ナ・ドヌ 改キロ型潜水艦
ロストフ・ナ・ドヌ 改キロ型潜水艦
12月8日の記事で配信された上記内容、米海軍ではありきたりの攻撃をロシアも実施できるとアピールになった。

今回ミサイルを発射した「ロストフ・ナ・ドヌ」は改キロ型の通常型潜水艦(ディーゼルエレクトリック推進潜水艦)。改キロ型の中でも対地攻撃用巡航ミサイルなどを装備したプロジェクト636.3と呼ばれるタイプである。
名称のロストフ・ナ・ドヌ(ロシア語: Росто́в-на-Дону́, Rostov-na-Donu)はロシア・ドン川沿いにある海運都市で運河によって黒海やカスピ海にもつながり、黒海艦隊所属の潜水艦として相応しい名前である。

ロストフ・ナ・ドヌ 改キロ型潜水艦
ロストフ・ナ・ドヌ 改キロ型潜水艦

キロ型というのはNATOが便宜的につける通称で、ロシアでの正式名称は636型。キロ型はかつての東側各国が採用し、今も大人気のベストセラー潜水艦。ソ連の通常型潜水艦の集大成といえる潜水艦で、このタイプが優秀すぎるために次世代の通常推進型潜水艦(ラダ級)の開発が難航するほどである。

改キロ型潜水艦
改キロ型潜水艦

キロ級の改良型である改キロ級636型は西側と同等のハイスキュードプロペラや改良されたソナーシステムによって十分な静音性と戦闘力を有している。
通常型潜水艦で636型程度の能力を持っていると、潜水中に探知することは難しいので、米海軍や海上自衛隊にとっても脅威となる潜水艦である。
中国海軍はこの636型を輸入しており、自国開発の潜水艦にもこの潜水艦の技術を取り入れようとしている。中国が熱心に開発に取り組んでも、未だに最新の636型潜水艦と同等の潜水艦は開発できていない。ロシアの潜水艦はそれほど優秀なのだ。

改キロ型潜水艦
改キロ型潜水艦

改キロ型潜水艦の透視図
改キロ型潜水艦の透視図

ロシアの潜水艦全般に言えることだが、武装が多彩である。
ソ連は米海軍の圧倒的な機動部隊の前に、唯一生存可能な潜水艦を艦隊で運用することで対抗しようとした。そのため、ロシアの潜水艦は魚雷だけでなく、長距離から水上艦を攻撃できるミサイルやソナー探知外を攻撃できる長距離攻撃魚雷、[ミサイルとして空中に発射して、あらかじめ指定した位置まで何十キロも飛行した後に魚雷を切り離し、魚雷のセンサーで敵を探して攻撃する魚雷、核弾頭の搭載を前提としている。]などを開発してきた。
主力の核抑止力となるSLBM(潜水艦発射弾道ミサイル、たいていは核弾頭)の開発に難儀し、試行錯誤する途中に作ったいろいろなアイデア兵器を全部潜水艦兵器として実用化していったようなかんじである。潜水艦に対空ミサイルを搭載しているのはロシア製潜水艦だけであろう。

多彩な兵器群のなかでも、潜水艦発射長距離ミサイルは種類が多く、米空母の哨戒圏外から攻撃することにいかに熱心だったか分かる。

クラブミサイル
クラブミサイル
クラブミサイル
クラブミサイル

今回使用されたとする巡航ミサイルはクラブミサイルを呼ばれるシリーズのミサイル。(ロシア語: Клуб) カリブル(Калибр)とも呼ばれる。艦船発射型はNATOコードネーム:SS-N-27 「シズラー」。
固形燃料ロケットのブースターに巡航用のターボジェット・エンジンを搭載し、多様な発射母体が使用可能で、かつ数百キロの射程を有する。
迎撃を回避するために、最終突入時に先端部を切り離し超音速まで加速するので迎撃が困難であるとされている。

時事通信配信の動画では水中から発射されているので、魚雷発射管より発射できるクラブS
3M14E型かと思われる。

クラブ ミサイル 3M14E 潜水艦発射対地攻撃型
クラブ ミサイル 3M14E 潜水艦発射対地攻撃型
後端は固体燃料ロケットブースター、その先にターボジェットエンジンがある
後端は固体燃料ロケットブースター、その先にターボジェットエンジンがある

動画では初期発射時の固体燃料の燃焼時間などが分かって面白い。ニュース記事なのでしばらくするとリンク切れになるだろう。
http://mainichi.jp/articles/20151210/k00/00m/030/037000c

今回のシリアのISへの攻撃はその長距離精密誘導ミサイルの能力を存分に発揮した攻撃である。
長距離の見えない艦船を攻撃できるミサイルであれば陸上目標への攻撃も可能であろう。ロシアは米海軍との直接の戦闘だけでなく、テロ組織への遠隔攻撃など、米軍が得意とする分野にも十分な能力を持っていることを証明したわけだ。
陸上目標への攻撃と海上の艦船への攻撃の違いは、ミサイル自身のレーダーなどのセンサーだけでは最終の誘導が出来ない事と陸上の様々な地形を回避する必要がある事だ。
米軍は最終の誘導にGPSを使うが、ロシア軍も独自の衛星による誘導を行っている可能性が高い。また、衛星や航空偵察によって、詳細な地形のデータを有していることになる。
自国で開発可能な潜水艦とそこから発射可能な巡航ミサイル、目標の選定から兵器の誘導までのシステム、これらをロシア単独で有していることには注意しなければならない。
これらは偵察から最終的な誘導まで、多様な情報を取得評価するシステムが必要なので、簡単に第三国に輸出できるものではないが、中国やインドなど、自国で衛星の打ち上げが可能な国であれば、全世界のどこへでも兵力投射が可能になっていることを示す。
逆に言えば、兵器全体をシステムとして整備できる国とそうでない国との間に、通常戦力においても圧倒的な差が付き始めていることでもあり、北朝鮮やイランなど中程度の軍事国家に核兵器や化学兵器へ向かわせる動機ともなろう。

今回のシリアでのロシアの軍事行動は実に計算されたタイミングで実行され、ロシアの軍事技術の誇示、同盟国へのロシアの信頼回復、黒海・地中海でのプレゼンス、通常戦力での戦闘への対応を見事に示した。中東でのロシアの影響力を保持し、石油資源価格への影響力も示した。
外交での戦略に、いちいち国内から文句をつけられる米国オバマ大統領に比べ、より的確な外交手段を選べるプーチン大統領の実力を示したことが一番の収穫かも知れない。

戦車TOP10 4位 ソビエトT-55


旧ソビエト軍T-55。

T-55
T-55
性能諸元
全長 9.2m
車体長 6.45m
全幅 3.27m
全高 2.35 m
重量 36 t
懸架方式 トーションバー方式
速度 50km/h(整地) 35 km/h(不整地)
行動距離 約460km
主砲 56口径100 mmライフル砲 D-10T2S
副武装 12.7 mm機関銃 DShKM
7.62mm機関銃 SGMT
装甲 防盾 210 mm
砲塔側面 110 mm
後面 60 mm
砲塔上面 30 mm
車体前面上・下部 100 mm
車体側面上部 80 mm
車体側面下部 20 mm
車体上面 33 mm

底面 20 mm
エンジン V2-55 12気筒液冷ディーゼル
580 馬力
乗員 4名

 

戦車大国ソビエトの最多の生産数、すなわち歴史上もっとも多く造られた戦車である。

第二次大戦後の冷戦期を特徴づける戦車で、冷戦期の戦車開発競争の基準となった戦車である。1つのタイプの戦車で、これほど実戦で活躍した戦車は他にない。第二次大戦後直後に開発されて以来(制式化1954年)、現在も使用されている。

 

戦車の生産数
T-55 ソビエト 100,000両
T-34 ソビエト 64,000両(T-34/85含む)
M-4 アメリカ合衆国 50,000両
T-72 ソビエト 25,000両
T-62 ソビエト 20,000両
M-60パットン アメリカ合衆国 15,000両
M-48パットン アメリカ合衆国 12,000両
T-26 ソビエト 11,000両
M-1 エイブラムス アメリカ合衆国 10,000両

 

こうして見ると、ソ連がいかに多量の戦車を生産していたか分かる。ヨーロッパと陸続きであることを最大限利用するなら、機甲戦が必須であることを痛感していたのであろう。

戦中のT-34の生産では、戦時下で一時的に国土の主要部を独軍に占領されていたわりに多数の戦車を生産できたことは特筆に値する。途中で85mm砲に換装しても生産数が落ちなかった。巨大な経済力を持ったアメリカ合衆国でさえM4を5万両しか生産できなかったことを考えると、この生産数は驚異だ。

しかし、それを倍ほども上回るT-55シリーズの生産量は空前絶後、前人未到の数と言ってよい。

これが出来たのは、ソ連が機甲戦力によるヨーロッパ侵攻を戦略の基本にしていたこと、東ヨーロッパの支配によってソ連の経済力が高まったこと、戦車をMBT(T-55)に集約したこと、が相まってなしえたことだ。

T-34から続く生産性の高い設計や信頼性の高いエンジン、クリスティー式懸架装置にかえてトーションバー方式にしたことはT-55の生産性を高めた。

また、最大の敵対国のアメリカ合衆国がM4シャーマン戦車以降、十分な性能の主力戦車を設計できず、常にソ連戦車の後追いになっていたことも理由の一つだろう。ソ連及び共産主義勢力は1970年代までT-55を第一線の戦車として生産・配備できたのだ。

T-55は東ヨーロッパ各国でライセンス生産もされ、中国ではコピー戦車として59式戦車が生産された。これもかなりの数が生産された。

 

 

歴史

T-55はT-34から発達した戦車と言える。T-34の後継車でとT-55の直接の祖であるT-44はT-34の砲塔とT-55の車体を合わせたような姿をしている。


T-34

T-34


T-44

T-34の砲塔とT-55の車体を合わせたようなT-44

しかし、その画期的な点は、ソ連がドイツの重戦車と戦う中で開発した一連の重戦車群、KV-1,KV-2,ISシリーズと続く戦車を統合する形でT-55を生み出したことだ。

重戦車 IS-2
重戦車 IS-2

T-55以前は、重装甲で重い戦車を倒すには重戦車が必要と考えられてきた。特に、ドイツのタイガー重戦車と対したソ連にとって、重戦車は切実に必要な戦車と思われてきた。

しかし、ソ連が大戦後のヨーロッパでの戦争を考察した時に、重戦車が活躍する場面は小さいと思われた。IS-3やのちのT-10のような完成された重戦車を手に入れてもなお、ソ連の戦車開発首脳部はそれを断念した。

米軍の圧倒的な軍事力を前に、ヨーロッパでの戦争に勝ち抜くには、機甲戦力による電撃的な侵攻が必要であり、重戦車のように機動力を犠牲にして成り立つような機甲戦力は無いと結論付けた。

これは今日のMTBの考え方であり、その始祖と言ってよい。事実、T-55の登場によって西側各国の重戦車は滅びたと言ってよい。戦車用に完成されたD-10Tシリーズ100mmライフル砲は西側標準であった90mm戦車砲の破壊力を凌駕し、各種大口径砲よりも扱いやすく、重戦車を前にしても撃破する性能を持っていた(HEAT弾)。

そもそも相手戦車を撃破する能力なくして戦車としては成り立たないという考えが、攻撃力が低くて機動性が高いという中戦車の概念を覆した。どんな戦車も、相手戦車を破壊できる性能が必要と考えれば、重戦車すら撃破可能な戦車砲を搭載するしかなく、そのような戦車があれば重戦車の必要性はなくなる。

この合理的な、いかにもスラブ的、マルクス主義的な思考が、主力戦車T-55を生み出したのだ。

これに対抗して西側諸国はロイヤルオードナンス製L7 105mmを装備した戦車を開発し、第二世代の戦車として配備する。戦車史上、戦後第二世代の戦車はT-55に対抗して生み出された105mm砲装備の一連の戦車群と言えるだろう。

 

戦歴

T-55の実戦数は限りがない。

ソ連による東ヨーロッパへの介入の際にも使用され、ソ連陸軍の象徴的な存在であった。

ハンガリー動乱でのT-55
ハンガリー動乱でのT-55

中東戦争

数次の中東戦争では本格的な戦車戦にも投入され、イスラエル側のセンチュリオンやシャーマン、パットン戦車

と幾多の戦闘を行った。

第三次中東戦争 ゴラン高原でのT-55
第三次中東戦争 ゴラン高原でのT-55

T-55はソ連が支援していたアラブ側、シリア、エジプト、イラク軍などが使用し、戦闘で多数の鹵獲車両を手に入れたイスラエル側も修理・改良の上使用した。

中東戦争での戦車戦は、事実上、第二次大戦後、最も激しい戦車戦で、戦車同士が大規模に交戦した。

中東戦争では大規模な機甲化された陸軍が国境そばに配備され、数時間の侵攻で相手の枢要部に進出できるため、機甲戦力は極めて重要だった。双方とも機甲戦力を決戦戦力と考えていて、戦車戦力を強化していた。しかも、シリア国境は死海やヨルダン川、エジプト国境はスエズ運河などの自然要害のために戦力が集中し、接近した激しい戦車戦になった。

第4次中東戦争のゴラン高原では1400両以上のシリア軍戦車が投入され突破を図ったが、イスラエル軍のセンチュリオン戦車など180両の奮戦で食い止めた、同シナイ半島は初期のエジプト軍の攻勢でイスラエル軍は3日間で400両以上の戦車を失い、前線は突破された。

初期の3度の中東戦争ではアラブ側はT-55を主力とし、対してイスラエルは混成軍で、最も強力だったのはセンチュリオン戦車だった。

この戦争では、イスラエル側の練度の高さも相まって、ほぼイスラエル側の勝利と言って良い。しかし、戦車の能力では、旧時代のシャーマン戦車などでは、いくら改良してもT-55に及ばず、AMX-13などの軽戦車も戦場では役に立たないことが分かった。逆にT-55に対抗して105mm砲を装備したセンチュリオンやM60はT-55を凌駕し、T-62にも十分に対抗できることが分かった。

この戦闘によって、対戦車ミサイルなどの脅威に対する防御力が必須であると認識され、後の複合装甲化された第三世代戦車群へつながる。ここでもT-55の存在は、戦車の弱点改良のキーポイントになっている。

 

中東戦争後も、多量の生産数を誇るT-55は各地で使用された。

ベトナム戦争後の中越戦争では、ベトナム側がT-55を使用し、中国側が改良型の59式戦車を使用した。

 

湾岸戦争は、数の上では第二次大戦以後最大の戦車戦となったが、夜間戦闘力と情報戦に勝る米英両軍がイラク軍を圧倒し、T-55はおろかT-72でさえ一方的に撃破された。

第三世代MBTの防御力と情報戦能力が実証され、もはや旧世代の戦車では戦車戦は戦えないことが明白になった。

 

ソビエトと東欧各国がT-72系列へと移行したのちは、余剰のT-55が世界に流出したために、逆に、戦車同士の戦闘が発生しないような紛争では多用されるようになった。

情報戦能力など持たず、簡素で、市場に多量の予備品が出回っているT-55の方が運用しやすく、内戦や小規模な紛争では、相手も高度な対戦車兵器を持たないために有効な機甲戦力として活躍している。このことは、戦車を倒すためには高度な兵器とそれを十分に運用できる訓練が必要で、それは組織化されていない武装集団には難しいということを示している。

 

特徴・構成

第二次大戦後の戦車開発史を決定づけるような戦車でありながら、全く人気の無い戦車で、形も不恰好、箱にお椀を乗せただけの積み木のような戦車であるからしょうがない。

しかも、冷戦後の紛争で登場するたび片っ端からやられ、弱戦車の代表格になってしまった。

でも、この戦車が核戦争下で運用することを前提に設計されたことを忘れてはいけない。放射能にまみれた戦場でお椀型砲塔の背の低い戦車がたくさん現れるところを想像してみると、案外お似合いだ。

T-55はT-34から重戦車の系列の要素を加えつつ発展し、主砲に100mm砲という、当時もっとも強力な戦車砲を搭載したことでその地位を確立した。主砲自体の威力は第二世代戦車を破壊するのに十分であった。

 

後に防御力に弱点があることが実証されたが、HEAT弾の貫徹力を前に、設計段階で防御を犠牲にした戦車大半だった第二世代戦車の中で見ると、特別に防御力が弱かったとは言えない。中東戦争では、防御力の特に優秀な米英の戦車を相手にしており、公平な比較ではない。センチュリオンやパットンが105mm砲を装備したのはT-55に対抗するためだった。

 

サスペンションにはトーションバーを用い、より低平な戦車になっている。大規模な機甲侵攻作戦には機動力が不可欠なために、不整地走行能力と潜水渡河能力が必要で、それを備えている。アフガンなどで運用されていることから、不整地の走行能力に問題はないと思われる。

 

エンジンもT-34から発展したV2-55 12気筒液冷ディーゼルで高い信頼性を誇る。

後に述べる車内容積の狭さから、燃料搭載量が少なく、航続距離が短い。ソ連からの機甲戦力による侵攻を考えるなら、あと200km程度の航続は必要で、後部外側に取り付けるドラム缶によって対応している。

旧東ドイツの国境からドイツの主要都市は100km~200kmの圏内にあった。東ドイツ北部のシュウェーリンから西ドイツのハンブルクなら110km程度。不整地を戦闘走行するために燃料は2.5倍程度消費する。加えて核攻撃が予測されるために前線攻撃発起点から後方へ50km程度は退避しておく必要があるから。

110×2.5+50=325km ハンブルクなら予備燃料なしで到達。

西ベルリンの部隊を攻撃後、ハンブルク方面に向かうなら280km程度なので、

280×2.5+50=750km 予備燃料があってもギリギリか。

ドイツ ベルリンからハンブルクへの距離は300キロ弱
ドイツ ベルリンからハンブルクへの距離は300キロ弱

車内容積の狭さは問題だ、防御力の弱さも、一因はこれにあり、弾薬配置などに支障があり、装填作業にも影響がある。

お椀型の鋳造砲塔を載せると、弾薬はほとんど砲塔下に置かねばならず、装填作業は困難だ。また、車体中央に開け放たれた状態で砲弾が集中しているので、被弾時に誘爆を起こし、常に致命的な被害を受けている。

T-62以後、ソ連は自動装てん装置の開発に力を入れるのも、この時の苦い経験が影響していると思われる。

自分たちの得意な鋳造装甲のお椀型砲塔を取り入れ、かつ優秀な性能を維持するにはその欠点改良が必要だった。

T-90になっても基本的な形状を変えないところを見ると、この問題は解決されつつあるようだ。

 

この世代の戦車なので、夜間戦闘能力やベトロニクス(死語?)にはあまり触れない。赤外線灯光装置によって500m程度での夜間戦闘能力があったが、ゴラン高原での戦闘ではそれが発揮できていない。FCSが貧弱で、測距などできないレベルなので遠戦能力は低い。

 

 

T-55 vs M-48パットン

同時代の好敵手といえばM48パットンだろう。

M48パットン
M48パットン
T-55 M-48
重量 36t 52t
速度 50km/h 48km/h
航続距離 460km 463km
主砲 56口径 100mm D-10T2 43口径 90mm M41
装甲(車体正面) 100mm 120mm

 

M60以降の105mm砲装備型はかなり後半になり生産時期で言えば、A3型までを比較するのが相当であろう。

エンジンは双方ディーゼルエンジンで、航続距離などに差はない。

違いを見れば、重量と火力である。

ここから一見して、T-55が火力で優れ、M-48が防御力や居住性で優れていると分かる。

しかし、M-48の防御力はT-55に抗するのに十分な防御力であろうか?否である。防御は火力とのバランスで成り立つ。相手が貫徹力180mmを誇る100mm砲の場合、M-48の防御力は十分でない。仮に1対1

で向き合った場合、双方とも貫通されるからだ。

後年、パントン戦車は105mm砲を搭載し、T-55の火力を凌駕するが、T-55は100mm以上の戦車砲を搭載することは叶わなかった。唯一、イスラエル軍が105mm
L7戦車砲を搭載したが、ソ連ではすぐに、滑腔砲を搭載したT-62へと移行していく。

 

西側戦車は、T-55の登場を契機に主砲の105mm化を進めるが、その時期(1970年代)まではT-55の火力に劣る90mm砲や20ポンド砲を主装備にしていた。つまりT-55は当時最強の火力を持った戦車であった。

西側戦車はL7 105mm砲によって105mm化するが、もし、このコンパクトで強力なL7砲の開発が遅れていたなら、もっと長くソ連戦車の優勢は続いていただろう。

(センチュリオン TOP10、8位の優秀さはその主砲の優秀さゆえ)

 

発展

T-54/T-55はソ連において大きな改良はなかったが、多数が生産され、今も運用されていることから、ソ連で第一線から退いた後に改良が行われた。

改良点は弱点の防御力とFCSで追加装甲とレーザー測遠器の装備が多い。

イラク軍のT-55エニグマ
イラク軍のT-55エニグマ

中東戦争で多数を鹵獲し、その後自軍装備に加えたイスラエル軍はL7 105mm砲装備のチランや、

イスラエル軍 T-55の改良型Tiran戦車
イスラエル軍 T-55の改良型Tiran戦車

砲塔を取り除き、重装甲の歩兵戦闘車として改良したアチザリットは別格の改造型

イスラエル軍アチザリット戦闘兵車
イスラエル軍アチザリット戦闘兵車

この装甲車は、戦車としては防御の貧弱なT-55でも、他の装甲車に比べると強力な装甲を持っていることを改めて示している。戦車の装甲防御は、戦場では無類の強さを発揮するのだ。

 

まとめ

同時代戦車と比較しての火力の優秀さ、完成された機動装置、一程度の走行防御、生産性、実戦での活躍、そして何よりも、中戦車・重戦車といった区分をなくし、一つの主力戦車で火力・防御力・機動力のバランスのとれた戦車が可能であることを実証した戦車として、歴史に残る名戦車と言える。

 

 

中国のJ-20はF-22ラプターを超えるか?(ロシアのスホーイT-50も)

超えない。

中国のJ-20はせいぜい4.5世代の機体で、ラプターに対抗できるようなものではない。

ちなみにF-22ラプターは各国の最新鋭機との想定比較で、1:20~1:4程度のキルレシオを有しており、

単機同士の比較では並ぶものは無い。

J-20だが、公開されている情報は少なく、断定できるほどの情報は無いが、現在の常識的な判断としてある程度の解析は可能だ。

【J-20の性能解析】

●ステルス性

前方からのステルス性はある程度考慮していると思われる。

翼の角度や垂直尾翼(斜めだが)の角度、空気取り入れ口などにステルス対策があるようだ。

しかし、ステルス性には悪影響のあるカナードや腹びれのベントラルフィンなどがある点、補助翼などの動作機構の成型などが大きく粗い点などから、到底F-22には及ばないと推定できる。

また、後方などからのステルス性はもっと限定的で、その大きさ(F-22より大きくF-111やMig-31並み)と合わせ、第5世代のステルス性を持っているとは言えない。

ステルス性能を表すRCS(Radar cross section, レーダー反射断面積)はレーダーの探知距離に対して4乗根に比例するので、単純に探知距離を半分にしようとするとRCSはその4乗の16分の1にしなければならない。

日本の次期戦闘機の候補にもなっているユーロファイター・タイフーンはRCSが1㎡と言われ、F-15Eなどの15㎡に対してかなり優れているが、それでも探知距離は半分程度にしかならない。

逆にF-22は0.001㎡以下と言われている。

即ち、F-22相当のステルス性は、翼の形状、配置、エンジンノズル、表面のコーティングなど、全ての点を犠牲にせず追求しなければ実現できない。

J-20がそのようにしているとは全く言えない。

●エンジン

機体の大きさに比べ、エンジンが小さすぎる。

また、中国のこれまでの技術的蓄積から言って、超音速巡航能力をもつエンジンを独自に開発することは、現時点で不可能だろう。

ノズルには推力偏向装置なども無いようであり、スピード・機動性のどちらも、F-22に及ばないだろう。

エンジンの開発は、日本のように何十年も最新のエンジンをライセンス生産してきている国でも相当に難しく、時間と経費がかかる。

合衆国とイギリスとロシアの限られた企業でしか生産できないエンジンを、実績も少ない中国が開発できる可能性は少ない。

実際的には、ロシアから購入することになるだろう。

●電子装備

見えないので、完全な推測だが、フェーズドアレイレーダーの技術力も低いので、AESAレーダーを装備している可能性は少ない。

もっと大型で搭載しやすい艦船のレーダーにおいても、ようやくパッシブ式フェーズドアレイレーダーを装備し始めたところなので、今後もしばらくは難しいだろう。

ちなみに、現在の日本のレーダー技術は米国に次ぐもので、戦闘機用AESAレーダー(F-2)の実用も世界で最も早かった。艦船でも早くに実用レベルの多機能アクティブ・フェーズドアレイレーダーを有していた。

●共同交戦能力

これが一番難しいところだと思う。

中国は未だ早期警戒機の配備が少なく、自国開発出来ていない。

また、全軍の改革を進めているが、長年にわたり遅滞した巨大な組織を改革するのは難しいだろう。時間がかかる。

個々の戦闘機や戦車の技術水準を高めることは、力技で何とか出来るだろうが、全軍を一定の水準に上げるのは、これからも時間がかかると思われる。

共同交戦能力には軍隊内の情報の運用などの改革も必要で、人員全てが一定の情報スキルが必要だ。

それには、兵員の質を高めることが必要だが、軍が政治的な地位や経済的な利益に結びついている現状、国内の治安維持の為に何十万もの兵力を必要とする点などから、いくら経済規模が拡大しても、米国や西ヨーロッパの軍隊のような情報能力の高い軍隊に進化するにはかなりの時間と努力が必要だろう。

■結論

J-20の実力は良くて4.5世代機レベルだろう。もちろん技術蓄積のための開発機というレベルなので、現時点の性能で将来の脅威度を図ることは出来ないが、当面、これらがF-22の脅威になることは無いだろう。

また、日本の防空に対しても、まだ、直接の脅威にはなっていない。

対空防空のJADGEシステムや早期警戒機で探知できないような戦闘機では無いということだ。

スホーイT-50

別件 スホーイT-50

これまた情報が少ないが、ロシアはこれまでの開発経緯があるので少し推測しやすい。

●ステルス性

は、以前より改良されている。ミグ1.44のような変な方向ではなく、F-22などを良く勉強している。

しかし、表面のコーティングや細部の処理などはまだまだ十分でなく、このレベルでは、まだ、本格的なステルス性の開発も出来ないと思われる。

細部の仕上がりなどが悪いと、全体の角度の統一などを行っていても、その一部がレーダーを反射してしまい、実測値の比較などは意味をなさないからだ。

表面のコーティングや細部の仕上がりは、全体の形状の設計と同レベルで行わないと意味が無いのだ。

この点で、T-50もまだまだである。

●電子装備

AESAレーダーは開発途上にあり、しばらくはまだ難しい。

●エンジン

は相当に実力を持っていると思われる。

推力偏向などの技術も蓄積があり、これまでの戦闘機の性能からもF-22に匹敵するスピードや機動性を持っているだろう。

但し、第5世代機として、最重要の性能ではない。

■結論

こちらも、しばらくは脅威にならない。

全体において、F-22は無敵だし、日本の防空も問題なさそうだが、中国のJ-20とロシアのT-50は別々に考えるべきではないだろう。

両国が本気でF-22の対抗馬を考えるなら、共同での開発、お互いを補足するような開発になると思われる。

ロシアや中国が国内の紛争や民族問題を解決して、軍隊が近代的になった時に、本当のF-22のライバルが現れるだろう

※参考図書
値段は高いが、お遊びでない本格的な読み物としては満足。
http://rcm-jp.amazon.co.jp/e/cm?lt1=_blank&bc1=000000&IS2=1&bg1=FFFFFF&fc1=000000&lc1=0000FF&t=shirosakurai-22&o=9&p=8&l=as4&m=amazon&f=ifr&ref=ss_til&asins=B004VS87BG

【陸軍-AFV-ロシア-二次大戦】戦車TOP10 第3位 T-34

第2次世界大戦中の最優秀戦車 ソ連T-34

当然これが出てきます。大戦後半から戦後第2世代戦車にまで影響を与え続けた傑作戦車である。

T-34
T-34

全長

8.15 m

車体長

6.10 m

全幅

3.00 m

全高

2.72 m

重量

32 t

懸架方式

クリスティー方式

速度

55 km/h(整地)
30 km/h(不整地)

行動距離

360 km

主砲

85mm ZiS-S-53(56発)

副武装

7.62mmDT機銃×2(1890発)

装甲

砲塔前面90 mm(曲面)
側面75mm 傾斜20°
後面52mm 傾斜10°
車体前面45mm 傾斜60°
側面45mm 傾斜50°
後面45mm 傾斜47°
上面20mm

エンジン

4ストロークV型12気筒
水冷ディーゼル
500 馬力

乗員

5 名
 
 この戦車がアメリカの戦車研究者のクリスティの戦車を元に作成されたコピーだとか、量産性だけに優れているとかのアホな話はどうでもいいです。それらは多かれ少なかれ嘘です。
T-34が優れているのは、余分な機能に関してはオーソドックスな技術を採用し、ディーゼルエンジン、装甲金属板の鋳造技術などに関しては、しっかりと研究と技術の積み重ねを行い、世界最高のものを実現していることである。そして、それらのパッケージングにおいて、戦車そのものに必要な要求機能をしっかりと実現していることである。
 
 まず、技術的な部分では、ディーゼルエンジンが当時の世界最高峰のものと言える。ソ連はその前進の帝政ロシア時代から自動車技術に関しては後進国で、ドイツ・イギリス・フランス・アメリカのような優れた技術的蓄積は無かった。しかし、ソ連になって、世界各国の「敵」となると、どうしてもソ連で生産可能な「エンジン」が必要になった。このため、ソ連は可能な限りの技術的知識を積極的に輸入し、世界が後進国と侮っている間に、世界レベルのエンジン技術を獲得したのである。ディーゼルエンジンは当時のドイツやイギリスなどでも立派なものがあったが、より高性能で「繊細」なガソリンエンジンの方に目が向いていたので、軍用エンジンとしてのディーゼルエンジンが多用されることは少なかった。これは、各国の化学工業、補給・輸送能力なども反映している。ソ連には揮発性のガソリンを大量に輸送するタンク車なども少なかったことに注目する必要がある。また、ソ連の寒冷な気候も考慮された。
 ソ連戦車の装甲はドイツ戦車のそれと比べ、同じ厚さであれば明らかに劣る。鋳造であれば当然である。しかし、多少の防御力の低下を偲んでも、その生産性と防御を考慮した形状を実現できることで十分ペイする。ドイツのタイガー戦車があれだけの装甲をまっすぐ立てるたこととの設計上の差を考えると明らかである。
 懸架装置は例のクリスティ式である。これはクリスティの特許を採用して発展させたものだ。オリジナリティはない。しかし、最も近くでプレゼンを見たアメリカ陸軍ではなく、海の向こうのソ連がそれに注目し採用したことの選択眼こそを評価すべきだろう。そして、ソ連は最初にクリスティ戦車の設計をほぼそのまま採用したBT戦車系列を作製した。もちろんそれほどの性能でもない。悪くも無かったが、ドイツやアメリカが将来開発するであろう戦車に比べると不十分だった。当時のソ連首脳部は仮想敵国の技術を過大評価し本当に恐れていたのだ。この過程での試作車両に対する評価とその後の軍の判断を、当時同じように色々な戦車を試作したイギリスと比べるといい。イギリスが産み出したのは、それほど快速でもなくそれほど重武装でもない巡航戦車であり、ソ連はこのT-34を産み出したのだ。
 
 当時のドイツの総合的なエンジン技術はソ連より優れていたと思う。しかし、ドイツは高出力のエンジンに似合うトランスミッションなどのパワーパック全体のパッケージにおいて失敗している。ソ連は自分たちの未熟さを理解していたので、高性能な操行装置を求めなかった。左右履帯の動力伝達やブレーキは単純で人間の力に頼る部分が多い。これも、ソ連の国勢に合っていたのだろう。このような、技術的なリスクへの正確な判断はドイツなどに比べはるかに的確である。
 
 ソ連は長く独裁制度のあった仮想敵国なので、その成果を正確に評価することは難しいが、第二次大戦前のソ連の成果はアメリカに匹敵するであろう。世界中が敵国と定め実際にも攻められた経験が、彼らの防衛本能を強化し(ソ連の諸外国への恐怖は、傑作戦車T-34でも満足せず、タイガー戦車との対戦前にKV-1を生産していた事実からも証明される)、共産主義・労働者の国というのが人々の希望になっていたことを見逃してはならない。ソ連ははっきりとした目的があり、それは真に切実だった。さらに、革命とその後の粛清により、そもそも余り無かった過去の遺産の影響を受けなかったために、革新的な技術に対しても冷徹な判断が行えたのだと思う。
 
 でも、戦車としての最終的な到達点からは、射撃統制装置が貧弱で、第二次大戦後半のドイツ戦車に対して十分な防御力を持っていなかったので、決して1位にはなれない。
 
 T-34 76T-34 76T-34 85

【情報-陸軍-AFV-ロシア-現用】ロシア軍の情報サイト 写真動画いっぱい

ロシア軍兵器はミニタリーマニア界でもマイナー存在ですが、やはり、アメリカの物まねばかりの西側軍事産業に比べ独特な魅力があり私は大好きです。
(これは軍事兵器そのものに関してのみ、世の軍隊組織はどれも好きじゃない、全体主義だから)
 
だが、日本ではロシア軍兵器はまったく不人気で陸海空どれもマイナーである。なので、ロシア軍兵器の情報をサイトから見つけるのは難しかった。
でも、ロシア軍は撮影料が安いので、ダイナミックな写真や動画がかなりあった。
 
YouTubeでは、
      
 
サイトではRusarmy.comがすごい、上の動画もほとんどはRusarmy.comから編集されている。
こっちもいい感じ
このサイトはロシア発のようで、サイトには本物のT80が売りに出ている。10万ドル程度なので、スクラップ程度だろうと思われるが、最新兵器がサイトに売り出されているところがロシアらしい。
 
T80-01BTR-T-01MIG25-01